日本のキャッシングの金利は高いのか

海外の国々との金利の差というものを意識したことがあるでしょうか。日本の場合、29.2%というのが上限にされています。

これはキャッシングだけではなく、その他の金融全てにいえる金利設定です。もちろん、この金利で営業しているのはキャッシングくらいだと思います。

では海外のキャッシング(消費者金融)の金利はというと、アメリカの場合は州によって差があり、8%〜36%と圧倒的に低い州と日本よりも高い金利が設定されている州があるようです。

ちなみに日本ではかつて40%という金利が標準でした。アメリカの一部ではそれに匹敵する金利が今でも使用されているようです。

フランスでは10%〜18%、これは日本の利息制限法で定められている数字に近い数字になっています。イタリアでは16%〜38%、なんとアメリカの一部の州よりもさらに上になる38%という上限が設けられています。

また、お隣の韓国や東南アジア諸国では上限金利自体が設定されていないようで、自由に金利を設定できる仕組みになっているようです。

こうやって考えると日本の金利というのは思いの他低い方に入るようです。そして、今後の法改正でさらに金利が低くなって来るとどうなっていくのか非常に気になるところです。

キャッシングのグレーゾーン金利

最近になって話題になったこのキャッシングのグレーゾーン。いわゆる出資法という法律と利息制限法という2つの法律で禁じている上限の金利が違っていることと利息制限法では罰則が無いために起こった問題です。

10万円までの借入なら利息の上限は20%です。100万までなら18%、そして100万以上では15%と言う上限が利息制限法では設定されています。しかし出資法では借入金額に関係なく29.2%という形で定めてあるのです。

出資法を超えると違法金利となり、罰せられます。出資法に違反すれば罰則がありますが、利息制限法には罰則が設定されていないのです。このためほとんどのキャッシング会社は利息制限法の枠を超えてグレーゾーンでの金利を設定しています。

近年ではこれが表立って批判の対象となったために利息制限法に則った利息設定を売りにしたキャッシングも出ているようですが、根本的な解決まではまだ時間がかかるようです。

今、キャッシングの消費者金融業界と国との間で話し合いが進み非常に厳しい条件がキャッシング会社に突きつけられようとしています。といっても以前からグレーゾーンで営業している企業でこれほど表舞台にたっている業界ですから時間の問題だったのでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。