キャッシングの審査を左右する最重要項目

キャッシングで最も重要視される審査項目は何でしょうか。

年収、勤務先、持ち家、その他いろいろなものがあります。持ち家などは申し込んだときに記入するだけなので調べるとなると時間がかかかります。

年収を調べるとなると給与明細から割り出す以外にもいろいろな方法で調べられますので不可能ではないです。しかしキャッシングの場合は手間がかかりすぎるためか行いません。

では何が審査の上で重要かというと実はそれは保険証なのです。保険証には主に4種類のものがあり、それによりランク分けがされています。では何でそんなことをしているのかというと、そこで職業のランクが分かるということなのです。

例えば公務員共済保険証なら一目で公務員だと分かります。また組合健康保険証なら企業レベルも計れるでしょう。そういった点を利用してキャッシング会社は融資の限度額などを決定しているのです。

残念ながら国民健康保険証では何の効果もないですが、それ以外の健康保険証を持っているのなら申し込み時に提示してみると審査の結果が変わってくる可能性があるかもしれません。

キャッシングの審査とは

キャッシングする際に避けては通れないのが審査です。一体何を調べるのかというとちょっと不透明なところがあるのではないでしょうか。

信用情報機関というものをご存じの方は少ないと思います。信用情報というのは過去に金融機関を使った場合にその履歴を収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。扱われている内容は大きく3つあります。

(1)個人を特定する目的の情報
つまり、氏名・生年月日・性別・電話番号・勤務先・勤務先の電話番号などがこれに当たります。

(2)契約に関わる情報
借入日、借入金額、入金履歴、予定日、借入残高、完済日などです。他の金融機関から借入れがある場合はこの履歴も審査の対象となります。

(3)事故情報(ブラックということです)
返済期日から滞納している日数、金額、そして解消されたかどうか、自己破産、債務整理などの履歴がこれです。

こういった情報を元にキャッシングの可否が決められます。実はこれにも落とし穴があるようで、実は結婚などで名前が変わってしまうと情報が追いつかないでブラックなのに借入ができてしまう場合があるようです。

また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人を狙って高利での融資話を持ちかける際にもこの情報が利用される場合があるようです。

審査が甘いキャッシング

キャッシングを利用する際には、申込みをしてそのキャッシング会社の審査を通らなければなりません。

しかし、アルバイトやフリーターなどあまり収入が多くない人や、自営業や自由業の人、さらに色々なキャッシング会社からの複数の借入れで返済の延滞があったりしてキャッシングの審査になかなか通らないことがあります。そんな時に味方となるのが、「審査が甘いキャッシング会社」の情報です。

審査が甘いキャッシング会社としてランキングで上位にくるのが、SIBイコールクレジット、信販系のOMCカード、それにスタッフィの3社です。

これらのキャッシング会社は非常に審査が甘いキャッシングのため、これで審査に通らない場合は、他社のキャッシング会社の審査はさらに厳しいとも言われています。

また、女性専用のキャッシング会社の中で、審査が甘いキャッシングと言われているものはオリーブのキャッシングです。

何故これらの会社が審査が甘いキャッシングと呼ばれているのかというと、他社で借入れを頻繁にしている人は審査に通りにくいということがあるからです。

しかし、上記にあげたキャッシング会社は、審査が甘いので他社の借入が5〜7件あっても審査に通ることが多いです。また、上記にあげた審査が甘いキャッシング会社は、審査が甘いだけではなく、融資も即日可と
とてもスピーディで便利です。

カードでキャッシング

カードキャッシングとは、カードでキャッシング(借入)を行うことです。クレジットカードを使って、商品などを購入する事はカードショッピングです。

カードキャッシングは、カードで現金を借り入れることを指します。このカードキャッシングでは、通常は限度額が100万円〜150万円で、金利の利息も以前ほど高くはないみたいです。

このカードキャッシングの便利な点は、カードの会社と提携している銀行やATMなどでもカードでのキャッシングが利用出来るということです。また、このカードでのキャッシングは、銀行系や信販系、流通会社系などの多くのクレジットカードの会社にて利用することが出来るようになっています。

カードキャッシングの場合の融資利率は、銀行系で27.8%〜29.2%、信販系で13.27%〜26.28%、流通会社系で14.6%〜25.6%くらいが一般的です。

さて、カードキャッシングの審査のことですが、消費者金融と銀行系などのカードローンでは、即日審査のところがほとんどです。ところが、このカードキャッシングの場合には、審査だけで最短で4日ほどかかるところもあるようです。

またカードキャッシングでは、即日でカードを発行してくれるところもありますが、1〜2週間ほどかかるところまであるようです。

即日のキャッシング

すぐにでもお金が必要な時にとても頼りになるものが、キャッシングです。そのキャッシングにもいろいろな種類があり、即日で借入れができるスピーディなキャッシングを、即日キャッシングと呼んでいます。

即日キャッシングは、即日で借入れができるように、通常は時間がそれなりにかかるキャッシングの審査も、1分以内で審査が完了するものになっているものが多いです。

即日のキャッシングは申込み自体も、自宅に居ながらにして、インター
ネットや電話などで申込みができるものがとても便利です。このような即日のキャッシングのスピーディな審査の中で、最も審査が早いと言われている即日のキャッシングのサービスは、「プロミス」です。

プロミスの即日のキャッシングのサービスでは、借入れの限度額は50万、審査時間はなんと約1秒程でできてしまうので、忙しい人にとても便利なサービスです。

三菱東京UFJ銀行グループの「DCキャッシュワン」の即日キャッシングサービスは、借入れ限度額が300万、審査時間は最短で3秒と、こちらもとてもスピーディな審査になっていて便利です。

三井住友銀行グループの「アットローン」は限度額が300万で、審査時間は最短で5秒、振込まで最短で30分です。このように、即日のキャッシングサービスは、時間のない忙しい人に便利なサービスとなっています。

キャッシングの審査

キャッシングを利用するためには、申込みをした後、キャッシングの審査を受けて、その審査に通らなければキャッシングを利用することはできないようになっています。

キャッシングの審査とはどのような事をするのかというと、まずキャッシングの審査では、申込者の証明書や顔や住所などの個人情報を照合します。さらにキャッシングの審査では、その申込者に支払う能力があるのか、保証人はいるのかなども調べます。

対面の窓口でのキャッシングの審査もありますが、最近では電話やインターネットを使った審査もできるようになっているので、とても便利です。

また、キャッシングの審査では、申込者の過去の借金歴なども調べることになります。また、クレジットカードなどの利用の際に一度でも滞納があれば、キャッシングでの利用限度額に影響が出たり、その度合いによってはキャッシングの審査に通らないということも出てくるようです。

また、普通の消費者金融で借りれない為に、ヤミ金融などからお金を借りたりした場合もその履歴はきちんと残るため、銀行などの金融機関での利用の際に影響が出たりすることもあります。

キャッシュカードなどの使用歴は7年間ほど保管されていくので、きちんと考えて利用することが必要だといえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。