ネットキャッシング

ネットキャッシングとは、インターネット上から簡単にキャッシングの融資の申込みなどをすることができることをいいます。

昔は、消費者金融の申込みといったら窓口などでの直接の対面方式しかありませんでしたが、今では自動契約機はもちろん電話などでも簡単に申込みをすることができるようになりました。

このネットキャッシングの場合も、簡単に他の人に知られることなくキャッシングの申込みができます。ネットキャッシングを使うことのメリットも、まずはその「誰にも知られることなく申込みができる」ことにあると言えます。

また、ネットキャッシングを利用することができる業者のサイト上では、いろいろなサービスが提供されている事が多いのです。例えば、その業者の実質年率の情報や、いろいろなQ&Aなど、ネットキャッシングを利用しようと考えている人にとって大切な情報が載っているので、とても便利です。

また、自宅で一人でいろいろな借入のシミュレーションなどができるようにネットキャッシングの返済シミュレーションや、無記名でのネットキャッシングの融資ができるかどうかの審査ができるサービスなども業者によっては用意しています。

ネットキャッシングに申込みをする際の注意点としては、個人情報の漏えいを防止するため、セキュリティのきっちりしたサイトで申込むようにすることも大切です。

キャッシングの申込

まとまったお金が必要な時や少し予算が足りない時に、とても便利なキャッシング。キャッシングを利用する為には、まずキャッシングの申込みをする必要がありますが、ではキャッシングの申込みはどのようにすれば良いのでしょう。

キャッシングの申込みをする前にまず考えるべき大切な事は、「どれくらいの金額を借りたら無理なく返済をできるのか」です。

キャッシングの申込みをする前に、年収、毎月の生活費などの出費はもちろん、急な出費ができたことなども考慮して、毎月どのくらいの金額であれば返済をできるのかをきっちりとキャッシングの申込みをするにあたってシミュレーションしなければなりません。

借入先を探す時には、自分にあった借入先を探すようにしましょう。30日以内に必ず返済ができる状態であれば、30日間は無利息の期間のある借入先であれば、金利をかけずに借入をする事ができるわけです。

どれくらいの金額をどの借入先で借入するのかが決定すれば、あとはキャッシングの申込みをすることになりますが、ほとんどの場合インターネット上でのキャッシングの申込みをする事ができるようになっています。

中には、インターネットからのキャッシングの申込みであれば、インターネット申込みの特別金利で借入ができるところもあるそうです。

無人契約機でキャッシング申し込み

元々インターネットで申し込みが一般的になる前は、この無人契約機でのキャッシングが一般的でした。手続きはほとんど店頭での形式と同じですがちょっと人気のないところにひっそりと鎮座している無人契約機はちょっと入るのが怖いかも知れません。

無人契約機に入ると端末についているマイクからセンターのオペレーターの声が聞こえてきます。ここで店頭と同じような形で案内が始まり端末から出てくる申込書などを記入し、身分証明書のコピーがその場でとられます。また、端末にはカメラがついていて、こちらの行動は全て見えているようですので他人の免許証などで偽造はできないようになっています。

また店頭と同じように質問をされ、在籍確認、審査を行うと融資限度額の案内がされます。条件などに納得できたらそのまま契約になります。やはり無人契約機と併設されている(または同じ機械が2つを兼ねている場合もある)キャッシュディスペンサーで借入ができるようになっているのでそちらでキャッシングをおこなえます。

人目に付かないところの無人契約機は確かに目立たないかも知れませんが逆に人気がないから人に見つかると目立ってしまうでしょう。そのためか最近は逆に人目の多いところに作られる無人契約機も増えています。

キャッシングを店頭で申し込む

キャッシング会社のイメージとして、タレントが店頭の受付と同じ服装で出ている広告が非常に多いです。今では店頭に出向くことなど少なくなっているとお思いの方も多いかも知れませんが、インターネットでの申し込みが多くなってきたものの店頭に出向いて手続きをする人もまだまだ多いようです。

最大のメリットは疑問点について徹底的に説明を聞ける点でしょう。キャッシングにおいて最も重要なのがやはり返済方法です。この点について分からないことのないように、しっかりとキャッシング内容を聞いておきましょう。

申込書の記入に移ったら本籍地や勤務先などを記入し身分証のコピーをとられたら、受付係がデータを照会します。そのまま簡単な質問に移行し、インターネットでの申し込みと同じく在籍確認や審査が行われます。

審査の結果で利用限度額が決まり、限度額に納得できれば契約に移ります。もし、もっと借りたいなどといった形で納得できないのなら断ってしまうこともこの段階では大丈夫でしょう。契約書にサインをしたら契約終了でキャッシュカードが発行されます。

一般的に現金を店頭に置くことは無く、店頭のすぐ外においてあるキャッシュディスペンサーを利用するスタイルが今では一般的です。

インターネットでキャッシングに申し込む2

審査が終了すると改めてキャッシング会社から連絡が入ります。審査で融資が可能であればカードを受け取らなくてはいけません。カードを発行する方法は主に2つあります。

1つは郵送やメール便などを使う方法です。この方法だとカードが届く前に書類が送られてきて、書類と身分証を返送する形になります。届けられる封筒には担当者の名前が書いてあるだけでカード会社の名前などは入っていません。数日でカードが発行され届きます。

基本的にはカードの発行は数日で済むところが一般的ですが、場合によっては時間がかかってしまうこともあるようです。カードが届いたらそのままキャッシングが可能になります。

もう1つの方法は、身分証などを持って店頭に出向き直接カードを発行する方法です。この場合も書類が自宅に届けられる場合がありますが、会社のロゴの入ったものではなく、茶封筒などで担当者の名前が書かれているだけのものがほとんどです。

その場でカードを受け取ったら店頭とは別の場所においてあるキャッシュディスペンサーでキャッシングが行えるようになります。

会社によっては流れが前後する場合もありますが、基本的にはこの流れでキャッシングの申込は完了します。

インターネットでキャッシングに申し込む

近くに店頭が無かったり通行人の人目が気になる人のために、今ではインターネットでキャッシング申し込みができるようになっています。

今までは無人契約機にしろ店頭にしろキャッシングの際はまず店頭などに出向く必要があったのですが、今ではこれもネットで解決されています。ただし、最終段階で店頭に出向く必要があるものもあります。

また、今ではポイント系の懸賞サイトで申し込む事でポイントなどのボーナスを狙って、融資を受けるつもりはないがキャッシングの申し込みだけするような人も多いようです。そのときもカード発行でポイントがつくところから、カードを作ってから融資を受けた時点で初めてポイントになるところまで様々なようです。

インターネットでキャッシングに申し込む方法としては、まずインターネットでキャッシング申込を行っているサイトへ移動します。そこで利用前の確認、規約などに同意した上で申し込みフォームに細かい個人情報を記入し、希望金額などを書いていきます。

申し込みが終了すると。キャッシングの際の審査を金融業者が開始します。家や勤め先などに電話がかかってくるのが一般的です。その際はキャッシング会社の名前などを出すことはなく、担当者の名前で申込者が在籍しているかを確認するのみなので問題ないでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。