キャッシングの知識 返済の種類3

キャッシングの支払い方法として有名なものにリボ払いとともにメジャーになった支払い方法で「残高スライド方式」と言うものがあります。

リボ払いと言うとクレジット払いのイメージが多いようですが、実はキャッシングの際にも採用されているもので、残高が変動しやすいリボルビング契約のキャッシングではすでに一般的な支払い方法になっています。貸し付けている残高に応じて毎月の返済額が一定額ごとに変動する方式です。

この場合に注意するのは、返済する金額が変わらないために、借入の合計を忘れて借りすぎてしまわないようにすることです。一般的に最もカード利用で失敗するケースはリボルビングと言われるほど気軽に利用できる返済方法です。

返済額が低めに設定されていると毎月の返済額より借入が大きくなってしまうなどといった事にもなりかねないので注意が必要です。

残額スライド方式を多く採用しているのはキャッシングの中でも消費者金融などのように頻繁に追加貸付が行われるローンのようです。特に消費者金融系のキャッシングは金利が高めに設定されているところが多いので余計に注意が必要になるでしょう。

キャッシングの知識 返済の種類2

キャッシングの場合でよく見かけるのが「元金定額返済方式」と呼ばれる返済方式です。「元利定額返済方式」と名前が似ているのですが全く内容が異なります。元金が一定、つまり返済する一定の元金と借り入れしている全体の利息を返済していく方式です。

元金定額返済方式と元利定額返済方式の違いは以下の通りです。

「元利定額返済方式」の場合、利息まで含めての毎月の返済額が決まっているためにキャッシングしている金融業者にはわかりやすい反面、返済している側にとっては分かりづらいキャッシング方式でした。

「元金定額返済方式」の場合、元金の支払いは常に一定なので、毎月の返済額は毎月変わるものの返済できている金額は毎月同じなので確実に返済できているのが分かるのです。ただし、この場合だとキャッシングして初めの頃の返済金額が大きく、負担になってしまうことが非常に多いのでその点は注意が必要です。

また、この返済方式が最も採用されているのはコーポレートローンと呼ばれるキャッシングサービスです。キャッシングの債務の注意は必要ですが、「元金定額返済方式」が最も理想的な返済方式ではないでしょうか?どの返済方式なのかで返済プランも変わってくるので、キャッシングの際は必ず注意するようにしましょう。

キャッシングの知識 返済の種類

キャッシングにも多くの種類があり、キャッシングによって返済の方法なども異なってきます。また、返済の方式が自分で選択できるキャッシングサービスも存在しているようです。

ローンという意味で言えば一般的なのが「元利定額返済方式」です。この方式は、各返済日に1回の返済額が毎月同額の返済方式です。キャッシュフローが一定なので返済金額がわかりやすいのが最大の特徴です。ただし、ローン返済期間の初めは利息に充当されるので残高が減りにくいという欠点も持っています。

一般的には住宅ローンなどで設定されるタイプの返済方式で、キャッシングの場合はあまり見かけないタイプの返済方式ですが、キャッシング経由での買い物の分割払いをするとキャッシング並の利息で分割払いをすることもできるようです。もちろん、クレジット払いで分割する事ができるのならその方が安い場合が多いのであまりお勧めできる方法ではないでしょう。

キャッシングの知識 返済とは

キャッシングにおいて融資の次の段階であり、最も重要になってくるのが返済です。

借り入れ側を債務者と呼び、キャッシング業者を債権者と呼びます。債権者は、債務者から元本(または元金と呼ぶ)と利息を受け取る権利があります。また債務者は融資金額の元本と融資金額にかかる利息を支払う義務があります。

返済といっても様々な方法があり、ATM(キャッシュディスペンサーからは返済できないのが一般的です。)から期日までの好きなタイミングの振込書が送られてくるようなタイプがあります。また、毎月の自動引き落としのようなものまで存在しています。

一長一短ですが確実に返せるものなのなら、キャッシングして時間のたたないうちに完済してしまうのが最も理想的な形なのですが、現実は分散して返済することになるでしょう。

また利息のタイプには、返済をしている間にも利息が日割り計算で増えていくタイプと初めから返済プランに沿って利息が計算され初めから上乗せされるタイプ、大きく分けるとこの2つのタイプがあります。

これは返済の方式によって変わってくるものなのでキャッシングの前には、必ず返済を行えるキャッシングサービスと定期的に返済プランを確認しておくべきでしょう。

キャッシングの知識 融資とは

融資とは、銀行または消費者金融などが利息を得るために、個人または企業などの資金需要者に対して金銭を貸し出すことをいいます。融資の前には企業の業務内容、経営状態、信用情報、そして担保などの価値を審査し、融資を行う事となります。

キャッシングの場合は、個人に対して融資することになりますが、その際は企業ほどではないが審査が行われ、信用情報が主な審査の対象となります。個人に対しての融資でも、一般的に住宅ローンなどと比べると無目的のキャッシングの方が融資金額が小さく、またそのため利息も大きくなっています。

融資を受けた側は、それを資金として業務を行い、営利活動から出た利益の一部を利子として支払います。個人の場合は、翌月の給料などから返済をすることとなります。

つまり、返済した分、翌月の生活が圧迫されることになることを計算に入れないと、翌月に返済した分をまた借り入れるような非効率的な状態にも陥りかねない点は十分注意が必要です。

一般的に言われるようにその点が「ご利用は計画的に」と言う言葉に集約されているとでも言えばわかりやすいでしょうか。くれぐれもカード破産のような事だけは避けたいものです。そのためか、昔に比べると融資の上限が初めから低めに設定されているキャッシング業者も多くあるようです。

キャッシングとは何か

キャッシングとは消費者金融、銀行などの金融機関が個人に対して融資する事をいいます。小口融資のため、利息が高めに設定されているのも大きな特徴です。基本的にはキャッシュカードなどを使いATMまたはキャッシュディスペンサーから現金を引き出すようにして貸し出される小口の融資のことをいいます。

最近になってネットキャッシングなどATMなどの端末を介さないタイプのキャッシングも多く見られるようになったものの、多くは前者のようにキャッシュカードでの引き出しがほとんどです。

インターネット以外にも電話で申し込むものやその他様々なタイプのキャッシングがあるようですが、現状としてはインターネットキャッシング、テレホンキャッシングなどといった言葉を使うことはほとんど無く、世間一般に言われているようにキャッシングというひとくくりの言葉で締めくくられています。

また、最近では一部の企業がキャッシングの際の利息が高すぎるとして問題が浮上し、話題になったもののすでに忘れられたかのような扱いになっています。しかし、これまで以上に業界への監視が強くなり、今までのような利息の形態が少しずつではあるが法整備も進み変わってくる可能性が高いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。