日本のキャッシングの金利は高いのか

海外の国々との金利の差というものを意識したことがあるでしょうか。日本の場合、29.2%というのが上限にされています。

これはキャッシングだけではなく、その他の金融全てにいえる金利設定です。もちろん、この金利で営業しているのはキャッシングくらいだと思います。

では海外のキャッシング(消費者金融)の金利はというと、アメリカの場合は州によって差があり、8%〜36%と圧倒的に低い州と日本よりも高い金利が設定されている州があるようです。

ちなみに日本ではかつて40%という金利が標準でした。アメリカの一部ではそれに匹敵する金利が今でも使用されているようです。

フランスでは10%〜18%、これは日本の利息制限法で定められている数字に近い数字になっています。イタリアでは16%〜38%、なんとアメリカの一部の州よりもさらに上になる38%という上限が設けられています。

また、お隣の韓国や東南アジア諸国では上限金利自体が設定されていないようで、自由に金利を設定できる仕組みになっているようです。

こうやって考えると日本の金利というのは思いの他低い方に入るようです。そして、今後の法改正でさらに金利が低くなって来るとどうなっていくのか非常に気になるところです。
この記事へのコメント
はじめまして。相互リンクのお願いです。

ジャンルは一般的な日記です。ニュースなどを記事にしていることもあります。

リンクは既に済ませています。確認および相互リンクを、宜しくお願い致します。

無心島
http://sukepora.saitamania.net/

処理完了しましたら御手数をかけますが、このコメントの削除をお願いします。
Posted by 葛西 at 2010年08月31日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。