キャッシングの新規客開拓

キャッシング会社は、初めてキャッシングを利用する客を好みます。少なくとも借入件数の少ない方が良しとされます。自転車操業のような状態の所に貸していては貸し倒れてしまって、その分損害が出てしまう可能性があります。

大手キャッシング会社ではやはり積極的に初めての人に貸す戦略をとっています。自転車操業では、最初のところで借りて、さらに2番目のところで借りてきて最初の所に返し、3番目のところで借りて2番目のところに返し、4番目で借りて・・・といったことの繰り返しになります。

少なくとも初めの段階で貸していれば安全に返済がされる可能性が高いでしょう。しかも数値として、初めての客はちゃんと返済する可能性が高いという結果が出ているようです。

広告戦略などでも無意識に初めての客を集めるような仕組みができあがっています。「初めての・・・」「まず・・・」といった形で、無意識の中に残るようなフレーズが用いられているのです。

一方、大手以外では大規模なCMが打てないので、なかなか初めて借りるような客が集まりにくくなります。そして、ある程度のリスクを覚悟して借入のある人にも貸しているといった形でキャッシング会社の中でも格差が生まれているようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。