キャッシングの審査とは

キャッシングする際に避けては通れないのが審査です。一体何を調べるのかというとちょっと不透明なところがあるのではないでしょうか。

信用情報機関というものをご存じの方は少ないと思います。信用情報というのは過去に金融機関を使った場合にその履歴を収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。扱われている内容は大きく3つあります。

(1)個人を特定する目的の情報
つまり、氏名・生年月日・性別・電話番号・勤務先・勤務先の電話番号などがこれに当たります。

(2)契約に関わる情報
借入日、借入金額、入金履歴、予定日、借入残高、完済日などです。他の金融機関から借入れがある場合はこの履歴も審査の対象となります。

(3)事故情報(ブラックということです)
返済期日から滞納している日数、金額、そして解消されたかどうか、自己破産、債務整理などの履歴がこれです。

こういった情報を元にキャッシングの可否が決められます。実はこれにも落とし穴があるようで、実は結婚などで名前が変わってしまうと情報が追いつかないでブラックなのに借入ができてしまう場合があるようです。

また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人を狙って高利での融資話を持ちかける際にもこの情報が利用される場合があるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。