日本のキャッシングの金利は高いのか

海外の国々との金利の差というものを意識したことがあるでしょうか。日本の場合、29.2%というのが上限にされています。

これはキャッシングだけではなく、その他の金融全てにいえる金利設定です。もちろん、この金利で営業しているのはキャッシングくらいだと思います。

では海外のキャッシング(消費者金融)の金利はというと、アメリカの場合は州によって差があり、8%〜36%と圧倒的に低い州と日本よりも高い金利が設定されている州があるようです。

ちなみに日本ではかつて40%という金利が標準でした。アメリカの一部ではそれに匹敵する金利が今でも使用されているようです。

フランスでは10%〜18%、これは日本の利息制限法で定められている数字に近い数字になっています。イタリアでは16%〜38%、なんとアメリカの一部の州よりもさらに上になる38%という上限が設けられています。

また、お隣の韓国や東南アジア諸国では上限金利自体が設定されていないようで、自由に金利を設定できる仕組みになっているようです。

こうやって考えると日本の金利というのは思いの他低い方に入るようです。そして、今後の法改正でさらに金利が低くなって来るとどうなっていくのか非常に気になるところです。

キャッシングの新規客開拓

キャッシング会社は、初めてキャッシングを利用する客を好みます。少なくとも借入件数の少ない方が良しとされます。自転車操業のような状態の所に貸していては貸し倒れてしまって、その分損害が出てしまう可能性があります。

大手キャッシング会社ではやはり積極的に初めての人に貸す戦略をとっています。自転車操業では、最初のところで借りて、さらに2番目のところで借りてきて最初の所に返し、3番目のところで借りて2番目のところに返し、4番目で借りて・・・といったことの繰り返しになります。

少なくとも初めの段階で貸していれば安全に返済がされる可能性が高いでしょう。しかも数値として、初めての客はちゃんと返済する可能性が高いという結果が出ているようです。

広告戦略などでも無意識に初めての客を集めるような仕組みができあがっています。「初めての・・・」「まず・・・」といった形で、無意識の中に残るようなフレーズが用いられているのです。

一方、大手以外では大規模なCMが打てないので、なかなか初めて借りるような客が集まりにくくなります。そして、ある程度のリスクを覚悟して借入のある人にも貸しているといった形でキャッシング会社の中でも格差が生まれているようです。

キャッシング会社の女性客争奪戦

キャッシング会社にとって上客というと、延滞しないで利息を付けてしっかりと返済してくれる客でしょう。そう考えると、男性より女性の方が現実的でお金に関してもシビアなため、男性に比べるとじゃんじゃん借りて返せなくなるということも少ないようで、貸し倒れといったリスクが少ないようです。

しかし女性からすると消費者金融は怖いイメージがあるためか敬遠する方も多いようです。しかし、女性の社会進出も進んで働く女性というのも一般的になってきました。女性客を開拓するには良い機会が既に揃っているのです。

キャッシング会社はレディース専用キャッシングなどのサービスを使い、女性客の開拓に乗り出しました。キャッシング会社によっては利息などの条件面ではなく、サービススタッフを全て女性にするといった形で安心感を売りにし、CM戦略でも動物や女性タレントを起用することで安心感や清潔感を出し、新規顧客を開拓していっています。

キャッシング会社にとってはたくさん借りてたくさん返してくれる客がベストな訳です。今、女性客をどれだけ惹きつけられるかがキャッシング会社にとっての生き残り戦略として重要視されているのです。

キャッシングのグレーゾーン金利

最近になって話題になったこのキャッシングのグレーゾーン。いわゆる出資法という法律と利息制限法という2つの法律で禁じている上限の金利が違っていることと利息制限法では罰則が無いために起こった問題です。

10万円までの借入なら利息の上限は20%です。100万までなら18%、そして100万以上では15%と言う上限が利息制限法では設定されています。しかし出資法では借入金額に関係なく29.2%という形で定めてあるのです。

出資法を超えると違法金利となり、罰せられます。出資法に違反すれば罰則がありますが、利息制限法には罰則が設定されていないのです。このためほとんどのキャッシング会社は利息制限法の枠を超えてグレーゾーンでの金利を設定しています。

近年ではこれが表立って批判の対象となったために利息制限法に則った利息設定を売りにしたキャッシングも出ているようですが、根本的な解決まではまだ時間がかかるようです。

今、キャッシングの消費者金融業界と国との間で話し合いが進み非常に厳しい条件がキャッシング会社に突きつけられようとしています。といっても以前からグレーゾーンで営業している企業でこれほど表舞台にたっている業界ですから時間の問題だったのでしょう。

キャッシング、特定調停という救済手段

キャッシングが気軽にできるようになった一方で、金利の高さから返済が滞ってしまい自己破産を余儀なくされてしまう人が多くなりました。

ですが、実はグレーゾーン金利で払った過剰な利息を整理して返済額を少なくすることが可能なのです。それを特定調停といいます。

キャッシングの金利が高ければ高いほど過剰に払った利息は大きくなるので、その分の借金が減りその後の返済も楽になります。

特定調停は平成12年に施行された「特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律」で裁判所の力を借りて、借金を少なくする方法です。最大の特徴は弁護士さえ頼むことなく自分1人で債務整理が可能だということです。

利息制限法では15%から20%と金利の上限が決められているので、それを超えた金利は無効という扱いになります。法律上払う必要のない金利を払っていた訳ですから、その余計に払った分を残っている借金から引いて借金を整理するのです。

場合によってはこれでほとんどの借金を帳消しにすることもできるでしょう。もちろんこれも信用情報として記録されるために、当分の間キャッシングが使えなくなるのは言うまでもありません。

キャッシングで注意しなくていけない延滞というもの

お金を借りたんですから当然ですが返します。となると返済日というものが設定されます。

キャッシングしてから何日までの間に振り込んでくださいといった形で必ず定期的に設定される返済日。しかし人間ですから、うっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

その場合にどうなるかと言うと、「延滞」ということになるのですが、これには大きく分けて2つの種類があります。

1つは、キャッシング会社との間での延滞です。つまりうっかり忘れなどで返済が遅れてしまった場合です。これはすぐにキャッシング会社に連絡を入れすぐに入金することで解決します。

もちろん遅れてしまった日数分の延滞金が発生しています。もったいないですから自動引き落としができるのなら、してしまった方が良いですよね。お金は大切にです。

そしてもう1つの延滞、それは信用情報機関が定めている延滞です。ちょっとした延滞だったとしても一応信用情報機関にはのってしまいます。

当然ですが、何社からか借りているのならその延滞の情報は他のキャッシング会社にも知れてしまいます。当然ですが、すべての会社から追加の借入はできなくなってしまいます。

そのまま3ヶ月も返済をしないでいるといわゆる「ブラック」として登録されて消費者金融業界ではお金を借りることはできなくなってしまいます。もちろんですが、だからといってヤミ金融のようなところを利用するのはやめた方が良いでしょう。

キャッシングの審査を左右する最重要項目

キャッシングで最も重要視される審査項目は何でしょうか。

年収、勤務先、持ち家、その他いろいろなものがあります。持ち家などは申し込んだときに記入するだけなので調べるとなると時間がかかかります。

年収を調べるとなると給与明細から割り出す以外にもいろいろな方法で調べられますので不可能ではないです。しかしキャッシングの場合は手間がかかりすぎるためか行いません。

では何が審査の上で重要かというと実はそれは保険証なのです。保険証には主に4種類のものがあり、それによりランク分けがされています。では何でそんなことをしているのかというと、そこで職業のランクが分かるということなのです。

例えば公務員共済保険証なら一目で公務員だと分かります。また組合健康保険証なら企業レベルも計れるでしょう。そういった点を利用してキャッシング会社は融資の限度額などを決定しているのです。

残念ながら国民健康保険証では何の効果もないですが、それ以外の健康保険証を持っているのなら申し込み時に提示してみると審査の結果が変わってくる可能性があるかもしれません。

キャッシングを一本化する

いくつかの金融業者からキャッシングしている場合、合計金額が分からなくなってしまっている場合が多いでしょう。

金利の低いところに申し込んでみても断られることが多いのではないかと思います。そこでどうしたらいいのかと言うと、まずはたくさん借りているキャッシングを1つずつで良いので減らしていきましょう。

キャッシングの審査の重要な点は合計の金額より合計の件数だそうです。まずは合計の借入件数を減らしていくことで最終的にいくつかのキャッシング会社にまとめていきましょう。件数が少ない方が金利の低いキャッシング会社でも審査に通りやすくなります。

ある程度の件数にまとまった時点で、金利の低いキャッシングがあるのならそこに全てまとめるように申し込んでも良いし、元々借り入れているところで利息の低いところがあるのならそのキャッシング会社と交渉してみても良いかもしれません。

1つ注意しておくべき事があるとするのなら、完済したあとのカードは持っておくべきではありません。持ってると使ってしまい、結局何のために一本化したのかすら分からなくなってしまうからです。

キャッシングで使われる信用情報機関

信用情報機関は3つあり、それぞれが消費者金融(全国信用情報センター連合会)、クレジット(CIC)、銀行(全国銀行個人信用情報センター)をそれぞれ専門に受け持っていたようです。

例えば、銀行で借入を受けていてもクレジットの方には情報が行かない(逆にクレジットの情報は銀行には行っていたようです)といった形の抜け穴があったのですが、今では3つの信用情報機関それぞれをほぼ全て共通のデータベースを持っていると思ってもかまわないと思います。

特にキャッシングに対しては以前に比べると厳しくなっているので、多くの信用情報機関を使っていると思って間違いないでしょう。

信用情報機関の情報は一般的には有料で、1回の照会につき500円ほどかかるようです。キャッシングの申し込みごとにそれが行われていて、その負担が全てキャッシングの際の利息からまかなわれているのは言うまでもないでしょう。

私たちが信用情報機関を利用することも可能なようです。非常にデリケートな情報ですが、実は探偵などが利用して個人情報を照会しているといった形の事が実際に探偵業をしていた人の書いた書籍などで語られていることもあります。興味のある方はそういった書籍も読んでみてはどうでしょうか。

キャッシングの審査とは

キャッシングする際に避けては通れないのが審査です。一体何を調べるのかというとちょっと不透明なところがあるのではないでしょうか。

信用情報機関というものをご存じの方は少ないと思います。信用情報というのは過去に金融機関を使った場合にその履歴を収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。扱われている内容は大きく3つあります。

(1)個人を特定する目的の情報
つまり、氏名・生年月日・性別・電話番号・勤務先・勤務先の電話番号などがこれに当たります。

(2)契約に関わる情報
借入日、借入金額、入金履歴、予定日、借入残高、完済日などです。他の金融機関から借入れがある場合はこの履歴も審査の対象となります。

(3)事故情報(ブラックということです)
返済期日から滞納している日数、金額、そして解消されたかどうか、自己破産、債務整理などの履歴がこれです。

こういった情報を元にキャッシングの可否が決められます。実はこれにも落とし穴があるようで、実は結婚などで名前が変わってしまうと情報が追いつかないでブラックなのに借入ができてしまう場合があるようです。

また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人を狙って高利での融資話を持ちかける際にもこの情報が利用される場合があるようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。